フラッグテールレンジャー好評配信中

フラッグテールレンジャーとは

結成の経緯

銀河系の動物たちを苛めるショッカー達が、ついに動物保護が手薄な地球に悪の手を伸ばさんとしていた。銀河系動物保護局は地球に再三、対策を講じるように通達するも公的に地球外知的生命体がいることを伏せている地球側の対策は遅々として進まなかった。
このままでは地球の動物たちが危ない。
危機感を募らせた銀河系動物保護局は地球人に変装した少数精鋭の動物保護部隊フラッグテールレンジャー4人と1匹の派遣を決定した。

フラッグテールレンジャー部隊員

レッドテール

レンジャー隊長。高い攻撃力を誇るがその能力はやや不安定である。昆虫から大型哺乳類まで幅広い対応能力を持つ。

ブルーテール

その身体能力の高さから多様な攻撃を繰り出す。作戦の立案・実行を主に担う。その才能を女性関係にも行使するプレイボーイ。

イエローテール

状況判断と行動力に長けた魅惑の女性隊員。間一髪のところでグリーンテールを救出した偉業は銀河系中に轟いた。この件でニャーベル賞授与の筆頭候補に挙がっている。 

グリーンテール
外観は地球の猫に酷似している。その姿を活かして敵の内部に侵入し情報収集することが主な任務。幼少の頃、ショッカーに苛められ今も前足に障害を抱えている。その経験が彼女を部隊に志願させた大きな要因になっているのは言うまでもない。

ピンクテール

非力だが最新武器を巧みに使い他の隊員に引けを取らない活躍を見せる。ミニスカでショッカーの目を引き付ける重要な役割を担う。

ショッカーとは

動物を苛めることが大好きなショッカー星の二足歩行知的生物である。自らの星の動物たちは銀河系動物保護局の手により全て保護されてしまったため他の星に苛める動物を求めて進出してきた。知的生命体ではあるが一部の上位種を除けばその知能は低く、個の概念に乏しい。
彼らが何故動物を苛めるかは解明されていない。そもそも彼らはベジタリアンであり捕食対象は動物ではない。
ただ一つ言えることは、彼らが動物を苛めるようになった歴史は浅く以前は動物と共存していたことが確認されている。
彼らの科学技術の発達と動物を苛める行動の広まりには因果関係があり、何らかの転嫁行動ではないかと言われている。

FT劇場 名作のご案内

 
謎の巨大生物に壊滅的な打撃をこうむった人類は高い壁を築き、その中でひと時の平和を享受していた。しかしその平和も超巨大猫の出現により危ぶまれる。2013年珠玉の名作→進撃の巨猫
あの海猿が遂に動物までも助け出す!長期の構想期間を経てついに制作がスタート?